キッズシューズの注意点と選び方

英国ではしっかりした靴作りが伝統的に行われており、ソールの固いグッドイヤー方式の靴が作られております。


ハンドメイドベンチメイドと呼ばれる作り方であり、機械を用いながらも手作業の工程も多く含む製法になっているのが特徴です。


大人だけではなく子供たちも、こうした固い靴をオーダーメイドで作り履く傾向があるのは地場産業の賜物であると言えそうです。

最近のベビー服のサイトが登場しました。

日本ではどちらかと言えば脱ぎやすく履きやすい靴を子供に着用させる傾向があり、成長の早いことが背景になって高価な靴ではなく、安価な量産靴が選ばれるケースがほとんどになります。
足が窮屈ではない代わりに足幅が広すぎたり、大き目でブカブカの靴を着用させる弊害として、足の関節に痛みを感じたり障害が発生するケースも少なくありません。
靴は大人でも子供でも、全長と横幅が合った適正サイズを選ぶことで関節痛を防ぐことになるのです。



キッズシューズを選ぶ時には価格や脱ぎやすさだけではなく、成長をサポートする靴選びをすることが大切です。
市販のキッズシューズメーカーでも、全長だけではなく横幅を複数サイズ展開しているケースもあります。



すぐに足が大きくなってしまうことで、頻繁に買い替えをしなくてはいけないことがキッズシューズの特徴になりますが、なるべくサイズを合わせて履くことで怪我や障害の予防になるのです。
大人だけではなく子供でも足型があるので、より足にフィットした靴選びをすることが大切になります。