水漏れトラブル修理に関する知識
2020年12月21日

修理しやすいトイレの水漏れ

トイレのタンク内に水がたまると便器内に水を流すのを止める機構があります。その部分が上手く動作しないことで水漏れが発生し、あふれてしまうことがあります。修理方法は機構部分の部品を交換することで完了です。その部品はホームセンターでも入手できるものが多く、それほど難しい作業でもありません。

型番がありますので、購入時には事前に確認して間違えないようにすることが大切です。似ているように見える部品でも、型番が違うと上手く交換できませんし、不具合の原因になります。配管部分からの水漏れもしばしば発生し、このケースではナットの緩みが疑われます。ナット部分は何もしなくても自然と緩んでくるので、定期的に締め直すと良いかもしれません。

修理と言っても工具で締めるだけなら簡単ですし、力加減を間違えなければ数秒で終わります。配管内部のパッキンが摩耗してきたら、新品と交換する修理が必要です。部品を取り外す際には必ず止水栓を閉めて水が出ないようにしてから始めましょう。トイレの床から水漏れが発生したら、確認のための便器の取り外し作業が必要です。

便器を取り外す作業は大々的な処置となるため、簡単にはできません。床部分の補修も必要となることがあるため、自力での修理は諦めた方が良さそうです。業者に依頼する時には、症状を詳細に伝えて必要な道具を持ってきてもらえるように手配します。そうすると、何度も足を運んでもらう手間が省けます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *