水漏れトラブル修理に関する知識
2020年12月6日

費用を抑えて水漏れ修理を行うには

水漏れの修理はプロに任せると素早く確実に行うことができますが、費用を抑えたいのであればなるべく自分で行うのがよいでしょう。トイレの給水管などでパッキンの劣化により水漏れが発生した場合には、ホームセンターなどで新しいものを買って交換すればすぐに直せます。急に水が漏れ出すと慌てて修理会社に相談してしまいがちですが、まずは止水栓を閉めて原因を特定することが大切です。交換用のパッキンは数百円程度で購入でき使用する工具もそれほど高価ではないので、自分で直せば費用を抑えることができます。

住宅内で水漏れが発生する主な原因としては設備本体やパッキンなどパーツ類の劣化・損傷の他にもナットや接続部分の緩み、給排水管の破損や排水管の詰まりなどを挙げることができます。急なトラブルに備えてモンキーレンチやトルクレンチ、精密ドライバーなどの工具を揃えておくとよいでしょう。モンキーレンチやトルクレンチは緩んだナット閉めるために使用し、精密ドライバーをハンドルの調整に使います。細かい部品を取るためのピンセットや蛇口を外すための推薦レンチも用意しておけば安心です。

住宅内では設備本体やパーツ類の劣化・破損などが原因で水漏れが発生することがありますが、落ち着いて原因を特定すれば自分で修理できる場合もあります。パイプの接続部分にあるパッキンやトイレのタンク内にあるゴムフロートの交換などは、数百円程度の出費で自ら修理することが可能です。温水洗浄便座の操作パネル下から水漏れが発生している場合など、修理が困難な場合には専門の会社に相談するとよいでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *