水漏れトラブル修理に関する知識
2020年11月21日

水漏れ修理は自分でも直せる

いざという時のために、簡単な水漏れ修理は覚えておくと便利です。発生した時に慌ててしまうのは、何が原因なのかの見当がつかないからです。見当が付けばその場でできる処置を選択できますし、本当に業者が必要なのかの判別もつきます。依頼するとそれなりの費用がかかり、その割には作業は数分で終わるケースもあります。

簡単に直るようなケースに費用をかけるのは勿体ないので、できるだけ自分で直せるように多少の知識を蓄えておきましょう。最近では動画で説明する人もいるため、暗記をする必要はありません。実際に修理が必要になったら動画で見ながらできるので、これまでやったことがない人でも無理なく直せます。最初に判別するポイントとして、止水栓を閉めても水漏れが収まらないようなら自力で直すのは非常に難しいようです。

通常なら止水栓を閉めることで時間稼ぎができ、その間に原因を探ったり対処法を探すことができます。しかし、止水栓でも止まらなければ早急に原因を探し当てて修理しなければなりませんので、時間との勝負になります。しかも、その見立てが誤ると更に状況を悪化させる可能性があり、業者が直すにしても余計な時間や費用がかかるというのが問題です。水漏れの原因として多いのはパッキンの劣化やナットの緩みです。

これだけでも直せる確率が高くなりますので、必ず覚えておきたい症状ですし、修理自体は決して難しくはありません。特にナットは部品を取り外したりする作業がなく、軽く締め直すだけでOKです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *