水漏れトラブル修理に関する知識
2020年9月18日

水道修理に困ったらプロに相談を

水道は毎日使うものであり無くてはならないものですが、時として故障することもあります。水を出す装置を水栓といいますが、水栓の内部構造はわりと複雑であり小さな部品が重なっているため、どれか一つでも劣化すると水漏れなどのトラブルが起こります。もし水漏れが発生した場合、長期間放置しても良いことは何一つありません。水漏れが床に達すると、カビの原因になったり床が傷む原因になったりします。

また、使ってもいないのに水が垂れ続けるので、水道代が高くなりとても損です。水栓に不具合が生じた場合はすぐに水道修理に取り掛かりましょう。まずは、水漏れを起こしている水栓のタイプを知ることから始めます。一般家庭に多いのは、水とお湯が分かれているタイプや、一つのレバーで水とお湯を出せるタイプです。

前者は2ハンドル混合水栓といい、後者はシングルレバー混合水栓といいます。この2種類は形状や仕組みが違いますので、修理の方法も違います。大抵の水道修理は内部の部品の一つであるパッキンを交換するだけで直るのですが、小さな部品ですし、全く同じものを用意するのが難しいこともあります。自力での水道修理が難しいと感じるなら、速やかに水道会社に相談してみる方が良いです。

プロなので確実に直してくれ、再度水漏れが起こるということもないでしょう。費用は掛かりますが、時間と手間を省けるので依頼する価値があると言えます。水道会社は複数あるので、見積もりを依頼してから選ぶと良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *