水漏れトラブル修理に関する知識
2020年9月15日

水漏れ・詰まりの水道修理で必要となる道具とは

トイレ・浴室・キッチンなど、一般家庭には最低でも2つ以上の、水回り設備が設置されています。どの設備も毎日数十回は使用するうえに、家族全員が共有するので必然的にトラブルが発生しやすいという一面もあります。ハンドルをしっかりと占めているのに、蛇口から水が滴り落ちている・その反対に水が出てこないという現象を、どのご家庭でも1度は経験されていることでしょう。前者は水漏れ、後者は水道詰まりというものであり、頻発しやすいのが特徴です。

水道修理をするには特別な資格は必要なく、個人で対応することができます。昨今は都心部だけでなく郊外にもホームセンターがたくさんあり、ここで水道修理に必要な道具をすべて買い揃えられます。水回りトラブルの代表格でもある水漏れと水道詰まりを修理するのに必要となる道具は、「プライヤー」「ワイヤーブラシ」の2つです。「プライヤー」とは水栓器具を取り外すのに使う道具です。

器具に傷が付かないように先端部に塩ビ加工がなされていて、蛇口やハンドルバルブの取り付け・取り外しがおこなえます。水道修理には必ず使用するので、買っておいて損をしないものです。「ワイヤーブラシ」は水道詰まりを解消するのに使います。長さ1mのワイヤーの先端に極細のステンレス製ブラシが備わっているのが特徴です。

このブラシを水栓器具に挿入することで、内部に溜まっている異物を除去して元通りの水量を確保することができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *