水漏れトラブル修理に関する知識
2020年8月3日

トイレに不具合が生じた場合の修理について

一日に何度も使用するトイレの不具合はとても困るものです。

とは言え、修理をするほどの知識も技術も持ち合わせていない人がほとんどでしょう。トイレの修理には、自分でできるものとプロに依頼する必要のあるものがあり、その見極めが非常に大切となります。できるだけ早く直したいのであれば水道会社に連絡することが最善ですし、できるだけ安く済ませたい場合は自分で直すことを検討することになるでしょう。修理が必要なトイレの状態というのは、主に「水漏れ」と「詰まり」です。他にも、温水洗浄便座を取り付けている場合なら、洗浄ノズルが作動しないといった本体の故障もあり得ます。

水漏れに関して言うと、多いのが給水管からタンクに伸びる配管のつなぎ目や、温水洗浄便座の給水ストレーナーからの水漏れがよくあるパターンではないでしょうか。配管のつなぎ目や給水ストレーナーからの水漏れであれば、パッキンやストレーナーを新しくするだけで解消されることがあります。詰まりの場合、トイレットペーパーが原因となっていることがほとんどであり、ラバーカップを使用することで比較的簡単に解消されます。しかし、ラバーカップを使っても直らないケースもあります。

配管の中でも下水管寄りの箇所で詰まった場合は、水流を起こしてもラバーカップの力が及ばず、詰まっている物体を手前に引き戻すことができません。また、奥の方になるとプロによる専用工具が必要になったり、便器を取り外したり、外にある汚水マスを開けたりと大変な作業になるので、速やかに水道会社に相談する方が良いと言えます。一日に何度も使用するトイレの不具合はとても困るものです。とは言え、修理をするほどの知識も技術も持ち合わせていない人がほとんどでしょう。

トイレの修理には、自分でできるものとプロに依頼する必要のあるものがあり、その見極めが非常に大切となります。できるだけ早く直したいのであれば水道会社に連絡することが最善ですし、できるだけ安く済ませたい場合は自分で直すことを検討することになるでしょう。修理が必要なトイレの状態というのは、主に「水漏れ」と「詰まり」です。他にも、温水洗浄便座を取り付けている場合なら、洗浄ノズルが作動しないといった本体の故障もあり得ます。

水漏れに関して言うと、多いのが給水管からタンクに伸びる配管のつなぎ目や、温水洗浄便座の給水ストレーナーからの水漏れがよくあるパターンではないでしょうか。配管のつなぎ目や給水ストレーナーからの水漏れであれば、パッキンやストレーナーを新しくするだけで解消されることがあります。詰まりの場合、トイレットペーパーが原因となっていることがほとんどであり、ラバーカップを使用することで比較的簡単に解消されます。

しかし、ラバーカップを使っても直らないケースもあります。配管の中でも下水管寄りの箇所で詰まった場合は、水流を起こしてもラバーカップの力が及ばず、詰まっている物体を手前に引き戻すことができません。また、奥の方になるとプロによる専用工具が必要になったり、便器を取り外したり、外にある汚水マスを開けたりと大変な作業になるので、速やかに水道会社に相談する方が良いと言えます。
トイレ修理のことならこちら

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *