Skip to content

ステージの組み立ては実は利点が多い

野外音楽祭でのライブフェスは見たことはないでしょうか?ステージは、イベント会社や建設業者に依頼してお願いすることなく、自分で組み立てすることで完成します。

このセクションでは、個人が舞台を組み立てし、より安価なステージイベントを設定するためのステージを設定するメリットを紹介します。イベント会社は、学園祭シーズンの舞台を立ち上げ、ライブを準備するが、ステージを借りるためのコストとセットアップにそれを得るために、実際にはかなり高いです。サイズにもよりますが、3日間のレンタルで10万円を始めるというのは、舞台レンタルの料金です。

学園祭は、特に入学式から、文化祭への運動会、卒業式、特設ステージの規模が同じではないので、1つ買って、自分たちでセッティング、組み立てするのが一番いいかもしれません。

年の行事が多い学校や町内会やライブハウスなどで購入して、長期で購入してレンタル費用を浮かせることをお勧めします。他の特典としては、借りることもできるなど、知人の間で一緒にスケジュールを共有して無料で設定することが可能です。

初期費用が高いのは難点ですが、複数のグループで分担すれば、初期費用は1回のレンタル料とほぼ同額の金額で、できるだけスケジュールを使うのが経営側にとって理想的な運用です。この機会に購入を検討してみてください。各業者さんによって、費用がまったく異なりますのでまずはお近くの業者さんにご連絡ください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *