Skip to content

ステージの組み立てにあたっての注意点です

学校の学園祭や企業のキャンペーンイベントなど、いろいろな場面でステージを組み立てる必要に迫られます。

特設ステージがあるとインパクトが強烈になってくるのは言うまでもありません。これらのイベントが一層盛り上がるものです。逆に言いますと、これがないと訴えるパワーが弱くなってくることは避けられません。大いに集客が期待できるツールであると言えましょう。昨今のイベントの傾向として、舞台の上に、司会者のみならず、その企画に集まっている一般客も登壇することが多いものです。

つまり、多くの人が集結することとなります。だからこそステージの組み立てに際しては安全であることをしっかりと確認しておかなければなりません。大規模なケースであれば。イベント会社に依頼することもあるほどです。もしレンタルで借りてきて主催者が組み立てる場合には留意すべきポイントがあります。ステージを安全に組み立てるためには、事前に的確な準備をしておかなければなりません。まずは作業をするときの服装から徹底していきます。そして素手で作業をすることなく、滑り止めが付いている軍手をはめるのです。

さらに高いところから転落するリスクを少なくするために滑らない靴を履きます。なるべく安全靴を選ぶようにするのが賢明です。ヘルメットを着用することは言うまでもありません。高所での作業にあたっては安全帯の着用も行なうべきです。そして、あってはならないことですが、万が一、作業中に機材を落としてしまうことを想定して、作業場の下では人が通行することのないよいような配慮も必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *